読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベビーメタル

ベビーメタルというグループをご存知ですか?

名前は聞いていましたが、私、勘違いをしていました。

可愛らしい15才くらいの女の子3人のバンドで、ヘヴィーメタルを演奏しているのかと思ったら、ところがドッコイ、アイドルグループで演奏してなくてダンスしてるんですね。

3人の女の子のアイドルグループでバックバンドがメタルを演奏していて、3人のうち、メインボーカルが1人、あとの2人がダンスしてるようです。

レディーガガのツアーのオープニングアクトをやったとか、暗黒街の帝王、オジーオズボーンのフェス、オズフェストに出演したとか、世界ツアーしてるとか聞いていたので、てっきりかわいい女の子がデスメタルを演奏しているかと思っていました。

正直、まったく興味がなかったのですが、会社の先輩が「すごくいいから聞いてみて、すごくかわいいし」とすすめてきまして、「50才すぎたおじさんがかわいいって正直気持ちわるくない?面倒クセーなあ」と思いつつ、YouTubeで“ギミチョコ”という曲を見ました。


ごめんなさい


“超絶かわいい”


おじさん気持ち悪いと思われてもいいです。


そりゃアイドルですからかわいいですよね。
歌は普通に上手だし、ダンスはキレキレだし。あの運動量、やっぱり若いってすごいですね。



「女の成長を妨げるような愛し方はするな」

これは名作、漫画 エースをねらえ!の中のセリフ。

この漫画は岡ひろみという高校生の女の子が世界に通用するテニスプレイヤーに成長する話。
高校生の女の子ということもあって、男子テニス部の1つ上の藤堂先輩に恋をしてしまいます。
かたや藤堂も一生懸命テニスに打ち込んでいる岡ひろみに恋をしてしまいます。

そこでコーチである宗方仁が藤堂を呼び出して言った言葉。

この言葉を受けて藤堂は、世界に通用するテニスプレイヤーになる過程の中で、岡ひろみが、人を愛するという力を、テニスに生かすことが出来ないうちは、恋にかまけてしまううちは、心が成長するまで相手を見守るということも愛し方の1つなのではないか?と気付かされるセリフ。

泣けます。是非読んでいただきたい。


そう。ですから世界で活躍するベビーメタル。しょうもない恋をして、潰れてしまわないように、宗方仁のような気持ちで彼女たちを応援していきたいです。

と言っても、まだ2曲しか聞いてません。